行政書士の資格について

行政書士は法律を駆使して行う仕事ですので、試験の難易度も高いといえます。 一昔前なら、市販のテキストと過去問でも対応できましたが、現在は合格率が10%を下回り、 さらには2%台まで落ち込むこともあるので、独学では非常に厳しい試験です。 又平成18年度に試験内容も変わり、法律の理解度や思考力も問われるようになったので、 問題のレベルそのものも上がりました。

では行政書士に合格する為に資格学校に通学しなければならないかと大半の人は 思ってしまいます。 しかし通学する為には莫大な費用がかかります。安くても10万円以上高いところなら20万円くらいする学校もあるので、この不況のご時勢では負担が大きすぎます。 しかも行政書士は社会人の受験者が多く、通学のように時間を拘束されいては仕事との折り合いをつけるのは困難ですし、学校も都心部に集中してしまうため、郊外に住んでいる人なら通うのは大変です。

そこで便利になるのが通信講座です。通信講座なら好きな時間と場所で勉強が出来ますし、 何よりも価格が非常に安くなり、家計の負担も軽減できます。 合格できるノウハウが詰まった教材や疑問・質問があった際のアフターフォローも充実していて初学者でも安心して勉強ができます。もちろん全ての通信講座が良いとは言いません。大手といわれる通信講座でも 試験の難易度が高くなれば対応できないところもあります。(その辺の詳しい内容は通信講座見極め方のページでご説明しています。)

中には通信講座と聞いただけで敬遠する人もいると思います。その一番の原因は勉強がわからなくなり挫折してしまうことでしょう! TOPページも説明したとおり今は自宅でも講義が聞ける時代です。テキストだけの 勉強ではわからなくても講義を聞ければスムーズに法律を理解していくことができます。 又何かに拘束されなければ勉強ができないと言う人もいますが、通学するにせよ、 自宅でも勉強しなくてはいけませんので、そう言った方はどちらにせよ合格出来ません。 それだけ今の行政書士は難しい試験です。

ちなみに行政書士の試験は法令科目が4科目、一般知識が3科目にもなり出題範囲が広くなります。この試験を忙しい中、時間をみつけ短期間で合格するには効率よく勉強ができる 通信講座が最も適しています。しかも価格が安い。

これから行政書士を目指そうと思っていているが、忙しくて時間がない、あまり予算がかけられないという方は通信講座を検討してください。

通信講座NO1フォーサイト
テキスト 講義メディア 価格(行政書士)
フルカラー・図表化 ハイビジョン撮影 34,800円~
  • 専用スタジオでカメラを数台使い一流の講義をハイビジョン撮影したDVD
  • テキストをフルカラーや図表化にしてわかりやすく、覚えやすくした
  • 業界の常識を覆した低価格
資格の総合スクールLEC
テキスト 講義メディア 価格(行政書士)
モノクロ・文章型 講師の前にカメラを置いて撮影 136,000円~
  • 豊富な講座数
  • 受講者のレベルに応じての講座を用意
  • 通学として有名
生涯学習のユーキャン
テキスト 講義メディア 価格(行政書士)
2色刷り・文章型 なし 5,4000円
  • 膨大な広告費をCMにつぎ込み知名度を上げた
  • 低価格とフォローシステムが充実
  • 豊富な講座数



コンテンツ一覧